運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

りこばす安全方針

1.「無事故と安心安全の輸送」
2.「優しさと思いやりの心で」

1.輸送の安全に関する基本的な方針

(1)社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
また、安全管理体制が適切、円滑に運営されるように各部門に対して、確実な指示を行います。

(2)社長は営業現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を踏まえつつ、全従業員に対して輸送の安全確保が最も重要であるという『安全最優先』の意識を徹底させます。

(3)会社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策の不断を見直すとともに全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

3.輸送の安全性に関する目標と達成状況

(1)有責重大事故「ゼロ」

平成25.26.27.28.29年度
重大事故件数
0件

平成30年度
事故発生目標
0件

実績
0件

(2)飲酒運転の防止
飲酒運転の防止のために、乗務前の点呼で文書による申告とアルコール検査を実施しております。また、宿泊稼働等で対面点呼を行えない時は電話と検査器を用いたアルコール検査を行い、飲酒運転を防止しております。

(3)ヒューマンエラーによる事故防止
講習会のなかで最近のヒヤリハット事例をあげて共有化し、その後に活かすように周知徹底を図っております。

(4)乗務員の教育

安全運転技術向上の講習会

(5)運輸安全マネジメント体制の維持
運輸安全マネジメント体制を維持するための必要な教育の実施と適正な人員配置をいたします。

(6)内部監査及び法令遵守に関する業務監査の実施
群馬県バス協会の安全性向上コンサルティング調査を実施して外部機関によるチェックと他部署による内部監査を実施して、業務改善をしました。